BUYMAで関税がかかる?失敗しない購入方法とは?

BUYMAで商品を購入して商品到着を楽しみにしていたけど、いざ届いた時に高額の関税の請求を受けた経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

日本で購入するよりも安かったり、日本では手に入らない商品を購入できるのがBUYMAの魅力ですが、楽しみにしていた商品が到着したのに高額請求ではテンションは下がっちゃいますよね。

 

ショッパー目線で見てみても、問題なく商品を送ったにもかかわらず、理不尽な不満評価をされたり、購入者からのクレームをもらったりでは最悪です。

 

これらを解決するために、今回はBUYMAで関税がかかる場合とかからない場合について解説していきます。

 

BUYMAで関税がかかる?

 

BUYMAで関税がかかる?といった疑問に対する答えですが、海外在住のショッパーから購入したり、一部のショッパーが行っている海外のショップから購入者に直接商品を送る場合だとかかる場合があります。

 

BUYMAのルールでは、関税は基本的にお受取人様(お客様)が負担する事となっているので、商品到着時に関税がかかること自体はBUYMAのルール上おかしなことではありません。

 

購入者であっても、プラットホームを利用する以上、プラットホームの規約をよく読み理解し同意して利用するわけですから、関税がかかったからと言って理不尽な評価をショッパーに付けたり、クレームを言う事は明らかに筋違いです。

 

今の時代、ネットショッピングが普及して便利になっていますが、一部ユーザーが説明や規約をしっかりと読まなかったりすることは問題ですね。

 

でもこの記事を読んで頂ければ、関税に関するトラブルは間違いなく避けられますのでご安心ください。

 

ショッパーをされている方も、理不尽な不満評価やクレームを貰わない為の対応方法も伝えていきますので、最後まで読んでくださいね。

 

失敗しない購入方法とは?

 

ここでいう『失敗しない購入方法』ですが、シンプルに商品到着時に関税を支払わなくていい購入方法という事になります。

 

①国内発送のショッパーから購入する

 

BUYMAのショッパーには、日本在住のショッパーと海外在住ショッパーがいます。

 

『商品到着時に関税を支払わなくて済むようにしたい』のであれば、国内に住んでいるショッパーから購入すればそれで解決です。

 

だだ、中には日本在住(国旗が日本)であるにも拘らず、買い付け地発送地共にイタリアなんて方もいるので、そういった場合は購入前に必ず問い合わせをしましょう。

 

②関税負担なしのタグを確認して購入する

 

関税関係のトラブルを防ぐために、最近ではBUYMAも価格の下に『関税負担なし』タグを表示するようになりました。

 

このタグが付いていれば、万が一関税がかかってもBUYMAが保証してくれるので安心です。

 

③事前に問い合わせる

 

①、②がクリアできていれば問題ないのですが、どうしても心配な方や海外在住ショッパーから商品を購入する場合には事前に問い合わせをする事をお勧めします。

 

僕の所から購入してくれる方でも、心配して問い合わせをしてくる購入者さんもいます。

 

それ以外にも、海外在住ショッパーさんで独自に関税をショッパー負担にしていたり、関税がかかった場合に返金なんて事をしているショッパーさんもいるので問い合わせをする事がベストかもしれませんね。

 

ショッパーとしての対処法とは?

 

最後にショッパー目線での対応方法についてですが、まず国内在住ショッパーで国内発送をしている方は何の問題もありません。

 

気にする必要があるのは、海外在住ショッパーの方や日本に住んでいて、パートナーや直営店からお客様に直接商品を送る手法をとっている方ですね。

 

この場合に関してですが、ベストな方法としては関税負担がお客様に生じない形をとるか、関税がかかった際に関税分返金かな~と思います。

 

もちろんBUYMAの規約上は全く問題が無いのですが、お客様の中には規約などを全く見ないで利用する少々困った方もいます。

 

その手の方は、事前にメッセージで関税の事を説明しているにもかかわらず、実際に関税がかかると不満評価を付けてきたり、クレームを言ってきたりします。

 

そういった事への対応の手間やストレスを考えると、先ほど紹介したやり方がベストだと考えます。

 

それ以外にも、最近では海外発送のショッパーの方で、関税負担とか関税がかかった場合に全額返金をうたった方も多いので、シンプルに売っていく為にも重要だと思います。

 

BUYMAで関税がかかる?失敗しない購入方法とは?まとめ!

 

いかがだったでしょうか?

 

文中では規約を読まない困った購入者がいると言いましたが、確かに私自身もAmazonや楽天などを利用する場合にいちいち規約なんか見ないです。

 

そういった事を考えると、『関税は一律ショッパーが負担』と言うのがスマートかな~と個人的には考えます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。